ふしみのブログ

英語と旅行のノート

ユーラシア横断旅行記 (3,4,5日目)

6時、車掌にたたき起こされる。8時に降りる予定のぼくたちに気を使って起こしてくれたようなのだが、昨日3時前までしゃべって夜更かししていたぼくはすぐに二度寝してしまいそうになる。とりあえず、シーツと布団を片付けてから、もう一度寝る。。

8時、ハバロフスク到着。人混みで身動き取れず、準備ができない。まだ整理できていない荷物を慌ててザックに詰め込んでいると「伏見さんですか?」と声が。現地ガイドのイリーナさん。

 

image


「この駅は終点じゃないから、早く降りなきゃ!」との声に急かされて慌てて出る。確かに、シベリア鉄道で乗り過ごすとうっかりじゃ済まない。イルクーツクではちゃんと準備を気をつけよう。

イリーナさんはハバロフスク在住のロシア人女性で、日本好きが高じて個人で副業としてガイドをしているらしい。彼女のWebサイトを見つけて連絡したところ、朝8時〜夜0時という過酷な条件ながら格安で引き受けてくれた。「いいんじゃなーい?」「おもしろい!」が口癖のとっても優しいガイドさんでした。

image

 

image


アムールスキー大通り。ちゃんと雪かきされていて歩きやすい。

image


ウラジオストクと似ていて、坂が多い街。

中央市場。香港のマーケットと似ているが、価格交渉はない。日本人だと見ると少し釣り上げられている感じがするけど、香港ほどではない。スリッパ200P、Tシャツ200Pくらい、蜂蜜と木のお茶(?)、オレンジを買った。

 

image


郵便局で切手を買った。日本までは26P=80円くらい。郵便はすべてモスクワに一度集められてから日本に届けられるので、1-2週間くらいかかる。

image


レーニン広場の鳩おばちゃん。

image


アムール川の手前の小さな遊園地。冬の間はほとんど乗る人がいない。イリーナさんに、デートでどこいくの?と聞いたら、「散歩」と言っていた。たしかにカップルで街を歩いている人は多かった。

image

 

image


ウスペンスキー教会と青いバス。

image


デパートの映画フロアで映画を見るか悩んだあげく、休憩スペースで1時間くらい寝た。
ベラルーシ映画のラブコメが面白そうだったけど、時間が合わなかったので断念。イルクーツクでは見られるかもしれない。

ロシア料理のレストラン・ルースキーでスープ、ペリメニ、アイスクリームを食べた。

image


パンのツボ焼きみたいなやつの中にはいったペリメニ、うまい。

そのあと凍ったアムール川へ。

image



ウラジオストクの海に比べると、アムール川は雪が積もっていて真っ白。対岸は空気が澄んでいるので近く見えるが、歩いて20分くらいかかるらしい。

犬も重装備。ライオンみたい。

 

image

イタリア風のカフェでシャーベットとフレッシュジュース。最後にウクライナ料理のレストランでキエフ風カツレツを食べた。

 

image

列車内は自炊で超節約生活ができるので、街にいるあいだくらいは美味いものを食べようという趣旨。といっても、どちらもだいたい600P=2000円くらいだけど。


最後にキャンベルというスーパーマーケットに寄って、水や食糧などの物資調達。

マヨネーズ売り場。イリーナさんのおすすめのチーズ入りマヨネーズを買う。

image


ロシアのビールを買う。ここでは好きな量を指定すれば生ビールを直接ペットボトルに詰めて売ってくれる(だいたい1リットル300円くらい)。ハバロフスク地ビールを買った。このシステム日本に輸入してくれ!

 

image

ロシアのビールはスッキリしていて飲みやすい。でもビールにしては度数は少し高いと思う。

ハバロフスクを満喫して、イリーナさんとはここでお別れ。最後にイリーナさんにもらったロシア風の名前「ラマン」がこの後の旅ですごく役に立った。ありがとうイリーナさん!

 

2014年3月11日
2014年3月12日 
 
0:09ごろ、イリーナさんと別れハバロフスクを出発。イリーナさんによると、この列車にはロシアの軍人がたくさん乗っているらしい。

どういうこっちゃ、と中に入ってみると…。

image

見まごうことなき軍人である。寝る準備をしているのか全員上裸である。空いてるベッドにはなにやら青とか緑の巨大な箱が詰めてある。銃も持っているらしい(さすがにむき出しではないが)。

うちのコンパートメント以外はほとんどが軍人。しかも同じコンパートメントの下のおっさんは日本人好きの呑んだくれセクハラ親父である。四面楚歌。

最初はこの状況にビビっていたが、夜に英語ができるヤツ(上裸パンツ一丁だったので、のちに赤パンの救世主と名付けられた)が話しかけてくれて、セクハラおやじを退治したのち、おみやげの保存食やビールをくれて、さらに「ウォトカもいる?たくさんあるよ」とコンパートメントに誘ってくれた。

「どうぞどうぞ」と席を勧められ、恐る恐る座った瞬間ガッチリ脇を固められ逃げられない状況。これは、、まあ飲むしかない。イリーナさんがつけてくれたロシア風の名前(ラマン、ユーリャ、ハリトン)のおかげで、すぐに名前を覚えてもらえた。

なかなかのハイペースで飲んでいると(といってもロシア人はぼくらの2倍くらいのペースなんだけど)途中から酔っぱらいのロシア人青年が乱入。軍人と韓国人は英語がわかる人が多かったが、ロシア人青年ディマは「respect」しか英単語を知らないらしい。「トヨタ、リスペクト!」「ホンダ、ノットリスペクト!」「ラマン、リスペクト、ディマ、リスペクト!!(ここで固い握手)」どうやら友好の意を伝えたいらしい。1単語でもなんとか成り立つコミュニケーションは存在するのである。言葉を知らない異国の地ではなんとも勇気づけられる観測事実である。

image


ウォトカにはおつまみが重要、ということで、瓶に入ったトマトのつけものみたいなやつと、生ハムを出してくれた。どうやらアントンという奥の軍人は結婚してるらしい。トマトは奥さんが作ってくれたもの、生ハムはアントンが狩猟で取った豚を加工したものらしい。

「子供は何人?」「奥さんきれい?」と聞くと超ニヤニヤしながら「ちょっとまってて」と携帯電話を持ってくる。かわいい。

ロシアではデートはすべておごりらしい。ユーリャにボーイフレンドがいることが知れると「じゃあこの旅行も全部出してもらったの?」、、さすがに一緒に行かないのにそれはないだろ!と思ったが、ロシアでは「pay for her」が普通。結婚する前からすべての出費を男が持つのがあたりまえなのだ。聞いてみると「日本は小さい国、でもロシアは大きい。だからロシア人の男は強い、ぜんぶ払う」という理屈(?)らしい。

ロシア軍人、ひたすら飲む、飲む。眠そうにしていると「No sleep! Drink! It's russian tradition」などと煽ってくる。恐ろしい。ぼくは前日あまり寝ていなかったので午前3時くらいで退散したが、仲間2人と彼らは6時くらいまで飲んだらしい。しかも、9時に起きた時には彼らはシャッキリ起きて降りる準備をしていた。さすが…

彼らがいなくなったあと、普通の車両になってしまって、しばらくぼくたちは一抹の寂しさを感じていた。乗り込んだときはまさか彼らの後ろ姿に寂しさを感じることになるとは思わなかった。。

ユーラシア横断旅行記 (1-2日目)

年始に旅行の写真や記録の整理をしていたら、5年前の2014年にシベリア鉄道に乗ったときの旅行記が見つかったのでここに2-3日ずつ掲載してみる。

シベリア鉄道は最東端のウラジオストクとロシアの首都モスクワを繋ぐ、世界一距離の長い鉄道路線 (9,289km) であり、直通列車に乗ると終点モスクワまで丸7日間、約160時間かかる。我々は途中のハバロフスクイルクーツクに立ち寄り、全10日間の旅程で旅をした。

今日に至っても相変わらずロシア入国にはビザが必要だし、他の旅行記を読む限りシベリア鉄道にまつわる事情は変わらないように思う。翻って自分はというと、立場はもちろん思い出す限り趣味嗜好は大きく変わったと思う。今や進んでボロボロの三等車の寝台に1週間閉じ込められようという気分になれるとは思えない。

しかし、5年前の自分のように物事を新鮮に体験できることは今でも多いし、大して変わっていないという気もする。なんにせよ「やってみないとわからないことがある」という自分の核となる信念を作り上げた体験のひとつとして思い入れの深い旅行であることは確かだ。

旅行計画を立ててから、自分の父もむかしシベリア鉄道に乗りモスクワ経由でヨーロッパを旅したということを知った。父が旅したのはソビエト連邦崩壊直前であり、経済情勢などは大きく異なったことだろうが、わざわざ鉄道でヨーロッパに行くという判断は当時でも「やってみないとわからない」という衝動に突き動かされなければできなかったことだろう。その心が知らず受け継がれていたことに恥ずかしいような誇らしいようなビミョーな気持ちになったのを覚えている。

旅程

続きを読む

『シュガー・ラッシュ: オンライン』字幕版を見る前におさらいすべき英単語5つ

シュガー・ラッシュ: オンライン』にはカジュアルな表現や言葉遊びが多く、プロット上のキーワードとなっているものもある。辞書的な意味以外のニュアンスを含めて知っておくと、より楽しめると思った5つの英単語をネタバレを避けてまとめてみた。

insecure = 自信がない / 安全でない

1 〖通例be 【容姿・能力・状況などに】自信がない, 不安である «about» feel insecure about the future 将来に不安を感じる. 2 〈仕事・投資などが〉不安定な, 保証のない; 〈物が〉崩れやすい, ぐらぐらした an insecure network 危険性の高いネットワーク.

"insecurity" の形でも使われるので、先に"セキュリティ"を連想してしまうが、"a secure job" (安定した職)、 "a secure politian" (自信のある政治家) のように使われる "secure" の反対語として「不安定な」「自信がない」で使われることの方が多いようだ。

「脆弱な, 安全でない」という意味は英和にはなく、英英辞典では "lack of protection" という語義が2番目に紹介されている。

1 uncertainty or anxiety about oneself; lack of confidence: she had a deep sense of insecurity | he's plagued with insecurities. 2 the state of being open to danger or threat; lack of protection: growing job insecurity | the insecurity of wireless networks.

needy, clingy = 重い (人間関係的に)

動詞 "need" (必要だ), "cling" (しがみつく、こだわる) から。依存的な恋人や、甘えん坊の子供を表現するのによく使われる。

1 貧乏な, 窮迫している(poor); ;〖the ; 名詞的に; 集合的に; 複数扱い〗貧しい人々a needy family貧困家庭. 2 愛情に飢えた.

1 ⦅通例非難して⦆(他人に)頼りすぎる, 依存心の強い. 2 〈服・布などが〉体にぴったりした, まとわりつく.

hinative.com

slaughter = 虐殺

本来は "slaughter of Jews by the Nazis" (ユダヤ人虐殺) などで使われるフォーマルな言葉。

steering wheel = ハンドル

a wheel とも。a handle = ドアなどの取っ手 (丸いドアノブではない、掴む部分があるもの) のこと。バイクや自転車のハンドルは a handlebar。

ditch = サボる, すっぽかす

名詞では溝という意味。動詞では授業をサボる (ditch a class)、デートをすっぽかす (ditch a date) など。

 

出典: ウィズダム英和辞典 / ウィズダム和英辞典, New Oxford American Dictionary

 

in-movies.com

2018年に食べたパフェを振り返る

今年もパフェを食べ続けた。平年よりわりと多く足を運んだつもりだったけど、これでも13店舗15本。2019年もパフェを食べるぞ。

  • 広島・宮島口 古今果
  • 渋谷 SILKREAM
  • 日比谷 林屋新兵衛 (日比谷ミッドタウン)
  • 友人宅 自作パフェ
  • 逗子 ハチドリ
  • 詳細不明 いちじくとチーズケーキのパフェ
  • 渋谷 夜パフェ専門店 パフェテリア・ベル
  • 中目黒 green bean to bar
  • 自宅 いちじくのパフェ・マンゴーのパフェ
  • 等々力 D&D DEPARTMENT 栗のパフェ
  • 等々力 パティスリー アサコ・イワヤナギ
  • 銀座 BISTRO MARX (GINZA SIX 7階)
  • 浅草 フルーツパーラーゴトー

広島・宮島口 古今果

続きを読む

2018年のサブスクリプションを振り返る

月額料金を払ったものを振り返る。

途中でやめたもの

DMM英会話 (月額15,800円)

ネイティブプラン。少し高いので1ヶ月と期限を決めて契約し、15レッスンくらい受けた気がする。

普通のプランはインド・フィリピン訛りを強く感じること、また趣味や話題が合わない(?)ようなことがたまにあった。課金の価値はあったと思うが、少なくとも10レッスンくらいはやらないと割には合わないかも。

eikaiwa.dmm.com

Spotify (月額980円)

乗り換えを検討するためにアイスランド旅行前後の1ヶ月だけ契約したけど、結局プレイリストの移行が面倒で戻った気がする。

www.spotify.com

リネット

結局配送・受け取りがめんどうで使わなかった。宅配ボックスがあるなら使ってもよかったかも。

www.lenet.jp

dアニメストア (月額432円)

アイカツ4thシーズンを見返すために契約した。解約し忘れて2,3ヶ月くらい課金されてしまった。

 

1年間継続したもの

iTunes Music (月額980円)

結局もどってきた。

Amazonプライム (年額3,900円)

プライムの即日配送よりPrime Now + Prime ビデオにお世話になった1年。

Kindle Unlimited Reading (月額1,000円)

読みたい本があるときだけ1ヶ月単位で契約することにしている (契約した直後に解約申し込みすれば翌月自動的に必ず解約される)。だいたい1ヶ月の間で20-30冊くらいの雑誌や本を読むので元は十分取れてるんだけど、Amazonの購入履歴のような読書ログが自動的に付くわけではないのが困り物。

Netflix (月額980円)

IIJ mio (月額2,734円)

So-net NURO光 (月額4,972円)

夜でも実測1Gbps出るやばい光回線。以前契約していたY!BBでは1Mbps切る時間もあったので実に1,000倍速になった。

カード年会費

JAL CLUB EST (年額2,160+5,400=7,560円)

個人的にはラウンジサービスにはあまり価値を感じないけど、付加的に得られたショッピングマイルで帰省の飛行機が取れるのが便利。

J-WEST エクスプレスカード (年額1,000円) 

乗車日の3日前までの予約で東京〜岡山は3000円弱割引になるほか、Web上での当日キャンセルでも310円というフレキシブルさが助かっている。

最近モバイルSuicaを使ったエクスプレス予約ができるようになったので、割引が必要ないor確実に使うかどうかわからなければそちらでも十分かも。

www.jr-odekake.net

 

アイスランドでドライブすると最高

 

今年の夏にアイスランドを旅行した時の車載カメラの映像を編集してみた。最高なので観てください。

www.youtube.com

 

後半の夕日のカットだけ伸ばしたものはこちら。

www.youtube.com

 

この記事は ふしみ Advent Calendar 2018 の13日目の記事です。

英会話レッスンの虚無から逃れよう (主にエンジニア・IT系向け)

英会話の練習は難しい。

私は外資企業でエンジニアとして働いている。留学経験なし、チームでは唯一の日本人なので、英語からの逃げ場はない。幸いビジネス英会話のレッスンには補助が出るので、GABAやベルリッツなどの対面英会話、Skypeを使ったDMM英会話やレアジョブ、Bizmates等の英会話教室をいろいろと試してみたのだけれど、なかなか意味のある練習をできているという実感や、続けるモチベーションが得られなかった。

そんな中で、最大限「自分の考えを自分の言葉で説明する」練習に活かす方法を見つけたので紹介してみる。それは「自分で教材を持っていく」というものだ。

この記事はふしみ Advent Calendar の12日目です。

続きを読む